同田貫・二本樋
同田貫正国は室町時代の刀工で同田貫一門の開祖といわれています。当初国勝といいましたが、後に加藤清正より名前の一字を賜り正国と改めました。同田貫の日本刀は実戦本位の豪壮な造りと鋭い斬れ味で、戦国武将に愛用されました。
この同田貫は二重樋入りの刀身を用い豪壮な刀に仕上げてます。金具は色上げ宗典金具にハバキを金燻し風に仕上げ鍔は高級な魚子鍔にて最高級刀としてお届け致します。
下記サムネイルをクリックすると拡大写真が表示します
居合刀・同田貫 居合刀・同田貫
居合刀・同田貫 居合刀・同田貫
居合刀・同田貫 居合刀・同田貫
 全長:約107cm 刀の長さ:約75.6cm 柄の長さ:約26cm 総重量:約1,360g 鞘払いの重さ:約1,060g


 刀身:砂型特殊合金製  柄巻き:正絹の黒色の諸捻り巻き  下げ緒:正絹の7尺  縁頭金具:銅製・宗典金具


 鍔:鉄製の魚子地  目貫:合金製色上・龍  鞘塗り:黒石目塗り  目釘穴:垂直開け