back

<日本刀は誰でも買うことが出来るのか?>

 

(刀はだれでも購入できるのか?)

日本刀(真剣)や模造刀は誰でも ご購入し 所持することができます。

銃砲のように、警察での講習や許可証などは 一切必要ありません。

昔、日本刀は戦いのための武器として用いていたため、一般的には所持でき

ない物で、もし所持するならば、何かの資格が必要では?、と多くの人が思って

います。

しかし、現代では、日本刀は武器でなく、美術品として 国が認定しています。

よって、美術品のため、極端に云えば幼児でも所持可能ということです。

しかし、当店では18歳以上のお客様のみの販売と限定しております。

 

(購入したあとは?)

模造刀や日本刀は、部屋などに飾って置くには何ら問題ありませんが、正当な

理由がなくて公の場に所持・持ち歩く事などは、銃刀法違反となります。

また、車で所持移動して、用が終わったあと、しまい忘れでトランクなどに入れ

っぱなしにしてある場合も銃刀法違反となりますので注意が必要です。

もし、必要あって公の場に持ち出す場合には、他の人が刀と分らないよう箱など

に入れて携帯するようにしましょう。

なお、真剣の場合は刀と一緒に登録証(正式には「銃砲刀剣類登録証」です)を

持参する必要があります。

 

(真剣を購入したら)

日本刀(真剣)を購入等取得された場合、20日以内に登録証発行の都道府県

の教育委員会宛に所有者変更届けを提出する義務があります。

この書類は、販売店で準備して頂けますので自ら取り寄せる必要はありません。

 

※ 正当な理由とは、居合のため、演劇のため、研ぎに出すなどです