日 本 刀 の 歴 史 top next
神代と上古代
  日本刀はその名前が示すとおり、我が国独特の鍛刀法で製作した日本の刀剣類を指します。
 国内で一般に日本刀と呼ぶようになったのは明治以降のことで、それまでは太刀、あるいは刀
 とよばれていました。特に平安朝以前の直刀には剣(けん)劔(つるぎ)太刀(たち)横刀
 (たち)などの文字が使用されています。
  わが大和民族は天目一箇命(アマノマヒトツノミコト)を刀匠の祖神と仰いで、以来三万有
 余人の名のある刀匠の輩出を見て今日に及んでいます。大和民族は神代から鉄剣時代であって
 石剣時代や銅剣時代といわれる時代はありませんでした。
  大和民族が日本本土に上陸した際には、すでに当時の新兵器である鉄剣を使用していたのに
 対し、土着民達はいまだに石剣時代でした。この武器の相違が日本平定の大業を非常に容易な
 らしめた原因の一つです。
  神代の名剣として古事記や日本書紀に記載されている天之尾羽張(アメノヲハバリ)は伊奘
 諾命(イザナギノミコト)が佩き、味耟高彦根命(アヂスタカヒコネノミコト)が武勇を振わ
 れた神戸剣(カムドノツルギ)、更に神武天皇が大和の賊を平定した韴霊剣(フツミタマノツ
 ルギ)が有名です。とくに天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)は天目一箇命が天照皇大神の
 おんために天(アマ)の香山(カグヤマ)の鉄で鍛えた剣であると伝承され、また人皇第12
 代景行天皇の皇子日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の際、草を薙ぎ払い風向きを変え
 て危難をまぬがれてから草薙(クサナギ)の剣と呼ばれ,三種の神器の一つとして我が国最高
 の神剣とされています。
 ●天皇家における三種の神器は、鏡と勾玉と剣●
  〔 八咫鏡(ヤタノカガミ)、八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)、天叢雲剣 〕
  その後、人皇の御代にはいると綏靖天皇記に倭鍛冶部の刀匠、天津真浦に、また崇神天皇記
 には天目一箇命の後裔に剣を造らせたと記してあります。これらはいずれも大和民族特有の刀
 剣です。また崇神天皇は大和鍛冶部に命じて造らせた剣十柄、弓二張などを常陸国の鹿島神宮
 に献納されました。これは我が国で刀剣類を神社仏閣に奉献した最初のものです。
  垂仁天皇の三十九年天皇は、太刀佩部(当時の軍閥であった物部、大久米部の内から精鋭の
 一部隊)を創設し、皇子五十瓊敷命(イソタマシキノミコト)を将軍に任じ、さらに大和鍛冶
 部に属する川上伴に、一千振にも及ぶ大量の剣を造らせて、非常事態に備え、宮中の警備に当
 らせました。これが後世に授刀舎人(ジュトウノトネリ・宮中護衛職)となりました。これら
 は伝統の大和鍛冶部を重んじたものであり、まだ外国から鍛冶の移住がほとんどなかったこと
 を意味しています。
  継体天皇の二十一年、筑紫国の国造であった磐井一族が反乱を起した時、天皇は物部麤鹿火
 (モノノベノアラカビ)に追討の勅命をくだされ、その出陣の際、剣を授けられました。これ
 が節刀(将軍が出征の際天皇より賜る刀剣)の始まりです。日露戦争の時東郷元帥が海軍司令
 長官として出征の際、明治天皇より賜った一文字吉房の太刀はこの例に倣ったものです。
  一方我が国と韓国方面との交通は神代からひらけていて、素戔鳴命(スサノオノミコト)が
 大蛇を退治した「蛇韓鋤之剣・オロチカラサビノツルギ」はその名が示すとおり、韓国の作と
 考えられるものも交じっています。また神功皇后の時代に百済からわが皇室に日月護身剣、七
 枝剣、丙毛槐林剣等が献上されています。この前後の時代には『高麗剣』(コマツルギ)と呼
 ばれる名剣が数多く名を残していますが、これは外国から刀剣が盛んに輸入されたいわゆる刀
 剣舶来の時代を意味しています。
  また新井白石は伊勢神宮の有名な玉纏横刀(タママキノタチ)、須賀流の太刀なども外国の
 剣だと説いていますが、これらのことは舶来の剣が我国古来の剣より優秀であったことを意味
 しています。なおその証拠の一例として推古天皇が蘇我氏の武勇を賞賛された御製に『ますけ
 よ蘇我の子等は、馬ならば日向の駒、太刀ならば句礼の真鋤』とあります。当時、馬は日向国
 (宮崎県)に産するものを最上としました。
  句礼(クレ)とは中国の揚子江南岸の地で隆盛をきわめた呉の国のことです。中国では銅剣
 を多く使用していましたが、呉の国は鉄の産地であり、非常に切れ味の良い鉄剣を造っていま
 した。古代においては剣は真鋤(マササビ)ともいいました。
  しかしこれらは刀剣に限らず、他の美術工芸品についても同様に舶来品が国産品より優秀な
 ことがいえます。
  しだいに日本の国力が充実するにつれて刀剣の需要は増大し、輸入だけでは間に合わず、そ
 こで優秀な刀匠自身の渡来をを招くにいたりました。古いところでは応神天皇の御代に百済の
 昭古王の推挙によって卓素という名匠達が渡来しています。また推古十年来目皇子(クメノオ
 オジ)が兵二万五千を率い、筑紫国を基地として朝鮮(新羅国)に進駐された際、忽海漢人(
 ワシウミノアヤト)たちを大和国より呼び寄せ、多数の兵器を造らしめて船出しています。こ
 れらの鍛冶は勿論日本人ではなく、また剣なども漢国(中国)の鍛錬法によったもので、日本
 固有の鍛冶法ではありません。このことは彼等の技術が大和鍛冶部より優秀であったことを意
 味し。更に当時すでに外国から鍛冶が渡来していたことを証明しています。彼等のグループを
 韓鍛冶(カラカジ)と呼び、神代の昔から引き続き皇室に直属していた倭鍛冶と相対して繁栄
 していきました。
  一方、政治的方面での大和民族の発展は景行、応神、推古天皇を経て熊襲、蝦夷などの征服
 を一段落し、皇威四海に輝き中央集権が確立するにつれて、各地の豪族のもとにいた鍛冶は、
 ちょうど戦国時代の英雄が中央に上り、天下に号令しようと志したのと同じ心境で大和、山城
 の皇城の地に鍛冶集中の傾向を示したのです。すなわち、東国蝦夷の御用鍛冶である舞草、月
 山、宝寿等の一派が、北陸沿岸に沿い、各地にその技法を伝えながら山城、大和国に進出し、
 また中国、韓国の影響を強く受けた九州鍛冶も、山陽道を経て途中に周防、備後、備中、備前
 鍛冶の遠源を作りながら上京し、さらに大国主命(オオクニヌシノミコト)以来、豊かな原料
 と需要に恵まれて安住していた伯耆鍛冶の移動、それに官府直属の大和鍛冶が入り乱れて互い
 に覇を握らんものと短を捨て長を学び、技を競い合い、世界無比の日本鍛錬法の完成へと発達
 していきました。
  そして国の制度上では、大化改新の際には兵部省が設けられて兵隊や兵器を支配しました。
 また文武天皇の大宝元年には有名な大宝の改革が行われ、鍛冶戸を各所に置き、兵器の増産を
 奨励しました。すなわち、従来世襲の国造の部に属していた鍛冶の制度を廃して民業とし、毎
 年一定の数を定めて良剣を買い上げ、各刀匠の技能をいっそう発揮するように努めたのです。
 ちょうどこの時、大和国宇多郡に天国が出現し、大宝律令にしたがって自分の銘を製作刀の忠
 (コミ)に刻み、今日のいわゆる日本刀と称する反りのある鎬造の太刀様式を最初に造りまし
 たので、彼は在銘日本刀の元祖と仰がれています。
  いいかえれば、大宝以前の刀剣は、全く反りのない平造、または切刃造の直刀で銘は無いの
 です。すなわち、天国は新形態の太刀様式の基礎を造った最初の刀匠です。
  また、平家重代の名剣小烏丸は、天国の作とされています。この太刀は、平将門が乱を起し
 た時追討の功によって、朱雀天皇より平貞盛が賜り、子々孫々相伝えてきましたが、その後旧
 津島藩主宗家に移り、更に明治十五年同家より皇室に献上し、現在御物となっています。
  むかしは天国と銘があったと伝えられていますが、1260年あまり経過した今日では、銘
 は錆てか全く不明です。この太刀は長さ88cm弱で、手元から2/3程度が鎬造の冠り落しで
 それから上は両刃の剣の形をしていて、全体に弱い反りがあり、一般の直刀とは趣を異にして
 います。天国の弟子の天座、天藤等はよく師の遺業を継いで有名です。また奈良の正倉院には
 当時の数々の名剣が保存されています。

 

top next