粟田口国綱・本拵え(黒呂鞘)


国綱は北条時頼に召されて相州鎌倉に移住した刀匠で鎌倉鍛冶の元祖と云われてます。この国綱は新藤五国光の父あり、大名物鬼丸国綱の作者でもあります。
鞘と刀身に細かい疵があるため特別価格にてご提供

鞘に細かい凹み疵があります

 

全長 重量 元幅 刀身の長さ
105cm 1,065g 31mm 74.5cm
鞘を払った重さ 柄部長さ 柄巻き その他
850g 25.5cm 正絹諸捻り巻き 砂型刀身  黒色正絹7尺