戻  る][楠正成の怨霊と包丁藤四郎][刀の霊姫鶴の泣訴][大蛇が化けて刀鍛冶][鬼が化けて刀鍛冶][大蛇斬り兼元[遊人金さんの刀]化物斬ったにっかり青江]「近藤勇の虎徹」[酒呑童子斬り安綱]


 

遊人金さんの刀


昨日の遊び人・金さんが、今日は遠山左衛門尉様と、ご出座で早変わりする名奉行は、今もテレビの人気 番組になっている。それで背中の桜の入墨をを見せて、勢いよく啖呵をきるのは、お馴染みのシーンであ るが、ほんとうの入墨はもっと凄いものだった。美人の生首が、黒髪をふり乱し、口にくわえた手紙が肘 まで垂れている、という凄惨なものだったという。
当時、歌舞伎役者狂言の作者として、有名だった並木五瓶(2代目)と、酒のうえであろうが、喧嘩となっ た時、金さんが肩肌ぬいだので、その入墨を見て、みんな肝を冷やしたという。なお、芝居三座の一つ、 木挽町(中央区銀座)の森田座の囃子方に、吉村金四郎の名で出演していたともいう。あの気性だから、 金さんは太鼓を勢いよくたたいていたのであろう。
その自由奔放な生活も、文政8年(1825)3月15日、将軍へのお目見えをすますと、終止符を打た ざるを得なかった。そしてまともな生活に入ったのが、認められたとみえ、同年12月9日には、小納戸 入りを命じられた。時に金さんこと景元は、すでに45歳、そんなに就職がおくれたのは、やはり遊び人 金さん時代が、祟ったことになる。
景元の改心、更正が認められて、天保3年(1832)には、西ノ丸小納戸頭取格に引き上げられた。
それには役料がついていて、石高も総計千石を越えた。さらに大隅守にも任じられた。天保6年(18 35)2千石高の小普請奉行に登用されると、俄然、将軍よりしきりに恩寵をうける身となった。
天保7年3月29日、西ノ丸の大奥表御膳所や、新建の北側長局(つぼね)の工事に対するご褒美として 時服と黄金を拝領した。
同年10月6日、浜御殿における、茶室の水道工事の功に対して、黄金と時服を拝領。さらに、浜御殿の 庭の修復に対して、時服を拝領。同月18日、大奥の建物修復に対して、時服と黄金を拝領しました。
父景晋(500石)は、我が子がしばしば恩寵をうける身となったのを見届け、安心したとみえ隠居した 景元は家督相続したので、大隅守を返上、父の左衛門尉に転任した。官位からいえば、大隅守は正六位下 左衛門尉は、大尉ならば正七位下、小尉ならば従七位上、つまり格下になったことになる。しかし、当時 は官位の上下など念頭になく、ただ親の役名を踏襲すれば、正式に家督相続したことになり、二男以下を 威服させることになった。
同月22日、遠山左衛門尉の名で西ノ丸の大奥の建物の修復、新建に対して、時服と黄金を拝領。
同月24日、大奥と長局修復の功に対して、時服と黄金を拝領しました。
天保8年(1837)2月19日、西ノ丸の表門・米つき小屋などの工事に対して、時服を拝領。などと 数えきれないほど建物工事を担当し貢献してきたので、同年5月13日、2千石高の作事奉行に転任、2 00俵の増加があった。
同年10月10日、11日、22日、同年11月9日、同年12月29日にも時服や黄金などを拝領しま した。
天保9年正月25日、作事奉行の定員は2名で、うち1名は寛文2年(1663)から、宗門改め役を兼 務することになっていたので、そのたび景元がそれを担当することになった。これから景元が裁判に腕を 見せることになる。
同年2月3日、西ノ丸大奥の新築工事に対して、時服と黄金を拝領。
同月12日、勘定奉行に転任。勘定奉行は享保6年(1721)から、勝手方(財政担当)と公事方(警 察担当)に二分されていた。景元は公事方を担当することとなった。公事方は幕領・私領の訴訟、私領の 百姓の刑罰などを担当。なお、最高裁判所ともいうべき評定所にも出仕していた。金さんが武士に対する 裁判のさい、
「なお、評定所から、厳しいご沙汰がある」
と予告するのは、勘定奉行も評定所の一員だったからである。勘定奉行は役高3千石と役金300両、公 事方になると、さらに70両が追加されていた。
景元は公事方としての手腕をかわれ、天保11年(1840)3月2日、北町奉行に転任となった。
席次は町奉行が勘定奉行より上で、役高も同じく3千石だったが、役金が2千両と、桁違いに多かった。
密偵をやとうなど、機密費が必要だったからである。
景元は就任以来、満1か年をすぎ、名奉行の声が高くなったところで、天保12年5月15日、老中・水 野忠邦の「天保の改革」宣言に遭遇してしまった。それは自由気侭な生活体験をもつ景元にとっては、は い、ごもっとも、と素直に容認できるものではなかった。水野の目指す改革の目玉に、贅沢禁止があった それの具体的な例として、祭礼のときの芝居、見世物はもとより、山車の登場まで禁止した。特に神田明 神の祭礼における山車行列は、将軍の上覧さえあって、天下祭りとまで呼ばれていたのに、真先に禁止の 槍玉にあげられた。
江戸っ子の好きな花火、縁台での碁・将棋などのほか、高級な菓子・料理・野菜の初物など、婦人の美服 はもとより、櫛・笄・簪など、女が髪結いに行くのは贅沢、自分で結えなどと庶民のささやかな楽しみま で失うのだから、やりきれない。庶民の心情を知り尽くしている景元は、まっさきにその緩和を主張した が、水野は一顧もせず、強行を命じた。
同年12月13日、景元は役宅に、同業者組合の株仲間をよびだし、やむなく解散命令を出した。景元自 身この解散には反対だったので、迅速な命令伝達を命じられていたのを、この日まで延ばし延ばししてい た。その延引に対して、お叱りさえ受けた。しかし、景元はそれにもこりず、庶民の側にたって、水野の 改革に反対の態度を崩さなかった。
それで、水野がおこり、天保14年(1843)2月24日、町奉行を罷免、大目付に役替えとなった。
ところが、衆口、金を鑠かすのたとえどおり、それから7か月後には、水野も改革失敗の責任をとわれ、 老中罷免となった。景元が勝ったわけで、それから2年後、弘化2年(1845)3月15日、昔とった 杵柄の南町奉行に返り咲いた。
弘化4年3月22日、霊巌橋の埋立工事を行った褒美として、時服と黄金を拝領した。その埋立地は、現 在中央区新川1丁目3番地となっている。南町奉行の本所・深川の道路・橋・建物などの管理担当となっ ていたので、景元は埋立工事を施工したのである。
景元はその時の拝領金を、何か有効なことに遣いたいといろいろ考えていたが、
「あっ、そうだ、刀を作ろう」
そう思いついて、さっそく当時幕府のお抱え鍛冶で、上手という評判の石堂是一を、自邸によんだ。
「長さから刃紋、彫物まで、これと同じような物を、作ってくれぬか」
そういって、備前長船盛光の一刀を差し出した。そして、経費はいくらかかっても、かまわぬとつけ加え た。是一は盛光の刀をかりて帰り、それから一心不乱、全身全霊をかけて、製作にかかった。こんな特別 注文になると、影打ちといって、一緒に数振り作ってみて、最上の出来のものを、差し出すのが常だった この場合、景元から費用はいくらかかっても構わぬ、と言われているので、是一は6振りも作った。
そのうち、我ながら良く出来たと思われる1振りを、盛光と同じく2尺2寸4分(約73.3cm)に仕上 げた。そして差し表に爪付き素剣と梵字、差し裏に爪つき護摩箸と梵字を彫った。それを本阿弥七郎右衛 門忠正に研がせた。見ると、見本の盛光とそっくりだった。自信をもって、中心の差し表に葵紋を彫り、 その下に「為市尹遠山君 石堂運寿斎是一作」差し裏に「寛永元年八月日」と銘を切った。それを遠山邸 に持参すると、景元も眼を細めて眺めていた。
「うーむ。よく出来ておる。ご苦労ご苦労。切れ味はどうか、山田朝右衛門に試さしてみようか」
当時の山田朝右衛門は、幕府の罪人首斬り役の7代目で、名は吉利、のち吉田松蔭や頼三樹三郎らの首を 落とした人である。その吉利が千住(荒川区南千住5丁目)の刑場において、是一作の刀で試し斬りして みたところ、死体の一ノ胴、つまり鳩尾の辺を斬ったところ、見事に一刀両断、さらに太々、つまり首の 付け根を、左右の肩甲骨かけて斬ったところ、ここもまた一刀両断した。喜んだ景元はさっそく是一に命 じて、次のような裁断銘を追刻させた。
(表)(葵紋)為市尹遠山君 石堂運寿斎是一作
(裏) 寛永元年八月日
同年十一月於千住 一ノ胴裁断
同年同胴太々裁断 山田朝右衛門吉利
是一が自作刀の中心に、葵紋を切ることの許されるのは、伊勢神宮と日光東照宮に奉納する刀に限ると、 弘化2年(1845)4月25日、腰物方の小倉十兵衛から申し渡されていたのに、ここで景元という個 人の刀にも切っている。これは景元が町奉行という幕府の重職にあること、さらに幕府からのご褒美金で 造ったことなどから、敢て葵紋を切ったものであろう。市尹とは市長のことで、町奉行ならば尹市と言う べきである。ただし、両語とも中国では遣わない。日本製の漢語である。
大いに喜んだ景元は、当時是一の入念作の刀の相場は、15両だったが、その何倍かを支払ったという。
景元は寛永5年(1852)、還暦を迎えたのを機会に町奉行辞任を申し出た。幕府では名奉行としての 多年の勤労に対して、4月21日、時服と黄金を贈ったのち、同月23日付で、町奉行を免じ、寄合入り を発令した。越えて翌月16日、隠居を申し出たところ、聞き届けられ、養老料を賜ることになった。
その後は、息子の金四郎が西ノ丸目付として、家を継いだ。後顧の憂いもなく悠悠自適、帰雲と号して、 雲のごとく自由に余生を楽しんでいた。安政2年(1855)2月29日、63歳で病没。帰雲院殿松僊 日亨大居士という法名をもらって、東京都豊島区巣鴨5丁目の本妙寺(法華宗)墓地に、父とともに眠っ ている。
日本刀おもしろ話より

戻  る][楠正成の怨霊と包丁藤四郎][刀の霊姫鶴の泣訴][大蛇が化けて刀鍛冶][鬼が化けて刀鍛冶][大蛇斬り兼元[遊人金さんの刀]化物斬ったにっかり青江]「近藤勇の虎徹」[酒呑童子斬り安綱]