長谷川平蔵の愛刀・国綱
江戸時代に実在した火付盗賊改め方長官の長谷川平蔵宣似の愛刀・粟田口国綱の復刻版です。
国綱は北条時頼に召されて相州鎌倉に移住した刀匠で鎌倉鍛冶の元祖と云われてます。この国綱は新藤五国光の父あり、大名物鬼丸国綱の作者でもあります。
下記サムネイルをクリックすると拡大写真が表示します
長谷川平蔵の愛刀・国綱 長谷川平蔵の愛刀・国綱
長谷川平蔵の愛刀・国綱 長谷川平蔵の愛刀・国綱
長谷川平蔵の愛刀・国綱 長谷川平蔵の愛刀・国綱
 全長:約106cm 刀身の長さ:約74.2cm 柄の長さ:約26cm 総重量:約1043g 鞘を払った重さ:約781g


 刀身:砂型特殊合金製  柄巻き:黒色正絹の諸捻り巻き  下げ緒:正絹の7尺  縁頭金具:真鍮製の籠目の図


 鍔:鉄製の錆び付け処理・蔦網目の図  目貫:合金製色上・竹笹  鞘塗り:黒蝋塗り  目釘穴:垂直開け