五郎入道正宗
正宗の作風は豪壮華麗であったため、派手好みの豊臣秀吉によって見出され、それ以降一躍人気NO1になった名刀です。また、伊達政宗が登城の際、ある大名に「脇差は正宗ですか?」と尋ねられ、伊達政宗は脇差が信国であったにもかかわらず「正宗だ」といってしまい、あとで大刀・正宗を脇差に造り変えさせた伝説があります。
下記サムネイルをクリックすると拡大写真が表示します
居合刀・正宗 その1 居合刀・正宗 その2
居合刀・正宗 その3 正宗
居合刀・正宗 その4 居合刀・正宗 その5
 全長:約106cm 刀身の長さ:約74.2cm 柄の長さ:約26cm 総重量:約1010g 鞘を払った重さ:約775g


 刀身:砂型特殊合金製  柄巻き:正絹の鉄色の諸捻り巻き  下げ緒:鉄色正絹の7尺  縁頭金具:銅製の龍の図


 鍔:鉄製の龍透かし図  目貫:合金製色上・巻き龍  鞘塗り:黒石目塗り  目釘穴:垂直開け