back

目貫の表裏及び向きについて

目貫は、主に同類図柄が2個で一対となり、表裏があります。

生物の図柄目貫は、右向きと左向きの図柄で一対となっていますの

で、右向きの図が表側、左向きの図が裏側となります。

判断が難しいのが植物などですが、根茎が右側の物が表であり、

その反対が裏側となります。

また、図柄が同じの場合は、図の大小を比較して、大きい図柄を

表側に、小さい方の図柄を裏側にします。

つまり、人物や動物などの場合、頭側を鍔側に向け、草木などの

場合は根茎側を鍔側に向ける。

以上が基本的ですが、必ず掟に従う必要はありません。

目貫の図柄によっては、上記の反対の逃げ目貫があっても

良いようです。