妙法村正®
村正は室町時代の刀工で、伊勢国桑名(三重県桑名市)の住人。”妖刀村正”で呼ばれ数々の伝説を残した名匠である。 徳川家康の祖父・清康が殺害され、長男・信康の切腹の介錯刀、さらに関が原の戦いで家康自身も手に傷を負ったのが全て村正という。
凄味のある地刃の冴え、鋭い斬れ味から恐怖感が拡大解釈され妖刀説となったのかもしれない。
この妙法村正は初代の晩年の作にて刃文が腰もとに大きく箱刃を表裏二つずつ揃え、上は直刃となった刀です。
下記サムネイルをクリックすると拡大写真が表示します
妙法村正 妙法村正
妙法村正 妙法村正
妙法村正 妙法村正
 全長:約105cm 刀身の長さ:約74.2cm 柄の長さ:約26cm 総重量:約1072g 鞘を払った重さ:約809g


 刀身:砂型特殊合金製  柄巻き:正絹の紫色・諸捻り巻き  下げ緒:正絹紫色の7尺  縁頭金具:銅製の唐草の図


 鍔:真鍮製の桜象嵌春日鍔  目貫:合金製・山椒の図  鞘塗り:黒石目塗り  目釘穴:垂直開け