坂本龍馬の愛刀・吉行
陸奥守吉行は初代大和守吉道道門にて播磨守橘吉成の次男であり上野大掾吉国の養子となった刀匠にて、本国は陸奥中村にて土佐に移りました。この吉行は坂本龍馬の差料と云われ京都国立博物館所蔵となってます。その吉行に鍔と縁・頭・小尻金具に龍の模様をまた目貫は龍馬に肖り龍の目貫を使用して高級仕上げの愛刀となってます。
下記サムネイルをクリックすると拡大写真が表示します
坂本龍馬の愛刀・国綱 坂本龍馬の愛刀・国綱
坂本龍馬の愛刀・国綱 坂本龍馬の愛刀・国綱
坂本龍馬の愛刀・国綱 坂本龍馬の愛刀・国綱
 全長:約105cm 刀身の長さ:約74.2cm 柄の長さ:約26cm 総重量:約1056g 鞘を払った重さ:約789g


 刀身:砂型特殊合金製  柄巻き:黒色正絹の諸捻り巻き  下げ緒:正絹の7尺  縁頭金具:真鍮製の美濃龍の図


 鍔:鉄製の龍透かしの図  目貫:合金製色上・龍の図  鞘塗り:黒石目塗り・鐺金具付き  目釘穴:垂直開け